((7回目の出直し🌻))

好きなことを自分のペースで、のんびり更新

新しいサービスを稼働させるサーバー環境を準備する。ConoHa Wingを契約するまで。

4月中旬からコツコツ作ってきたものがある程度形になってきたので、動かす場所を考えます。

レンタルサーバー選定

個人で立ち上げるサービスなんてお金が儲かるシステムではないので、安く上げたいのは誰でも同じだと思います。

2社だけの比較ですが、誰かの参考になればと比較検討をメモしておきます。

とはいえ、キャンペーンで価格が変わったりするので、後日ではあまり参考にならないかも。

候補地

必要なのは、

  • PHP8.0系が動くサーバー
  • MySQLは(8系で作ったけど5系もたぶん可)

今回は手っ取り早くレンタルサーバーでいきます。

レンタルサーバーだと、この2つに絞りました。

  • ConoHa
  • Lolipop

Conoha Wingのベーシックプラン

ConoHaはGMOインターネットがやっているレンタルサーバーです。 ConoHa Wingというプランで1年以上の契約をするとドメイン費用が無料になる特典があります。

料金

12か月の料金表のスクショ

https://www.conoha.jp/wing/wingpack/

2022年5月時点

初期費用

0円

月額

通常は1か月あたり1300円。12か月の一括支払いで1か月あたり911円。年間で10,932円。初期費用はなし。
思い切って2年契約にすると34%オフになって、月あたり861円。1年あたり10332年。覚悟の割に600円しか安くならないので、まぁ契約するなら1年でよさげ。

1年分まとめて払うので、10932円

ドメイン

ConoHa Wingはドメインが無料で2つもらえる。ドメイン費用も必要なし。

キャンペーン

ただいま「Webサイト制作応援キャンペーン」期間で、最大50%オフらしい。

キャンペーンページの料金テーブル

https://www.conoha.jp/wing/campaign/websitesupport2022spring/

でも、このページの価格テーブルは普通のページと変わってない。キャンペーン期間中は通常ページの価格テーブルが書き換わっているのかもしれない。謎。

サポートに確認したところ、1年契約後の費用は12か月契約で1か月あたり990円とのことでした。

参照:https://www.conoha.jp/wing/pdf/conoha_wing_spec_ja.pdf
通常料金が1320円で、WINGパック1年にした時点で990円。だからキャンペーンで得する部分は990円との差額なので80円だけだった。キャンペーン割引率の表示は990円からの差にするべきなのではないかと思うけど。

アフィリエイト

ConoHaの契約にはA8のセルフバックが利用できます。
通常は5000円戻ってくるところ、今なら10000円に増額されています。(ベーシック/WINGパックの場合、2022/05/31まで)

つまり、1年契約すると10000円戻ってくる。

申し込みはこちらへ

ロリポップ スタンダート

ロリポップはGMOペパボがやっているレンタルサーバー。こっちもGMOだった。 今は1年払いのエコノミープラン(月あたり99円)に入っているので、今の契約をプラン変更するか、新規に借りるかどちらか。

費用

初期費用

1650円

月額

通常は1か月あたり880円。1年契約だと1か月あたり660円。1年分まとめて払うので7920円

ドメイン

スタンダードにはないので別途どこかで契約が必要。追加で年2000円程度。

キャンペーン

キャンペーンは特になし

アフィリエイト

こちらもA8のセルフバックがありました。

スタンダード12か月 4000円

申し込みはこちらへ

ロリポップ ハイスピード

同じくロリポップのさらに1ランク上のプラン。ハイスピードというくらいなのでスピード重視したプラン(らしい)

費用

初期費用

0円

スタンダードだと初期費用が1650円かかるのに、ハイスピードは0円でいける

月額費用

通常だと1か月あたり1,320円。ConoHaと同額くらい。
今回は1年契約前提なので、月あたり825円。1年分まとめて払うので9900円

ドメイン

ハイスピードはドメインが無料でついてるので0円*1

キャンペーン

ハイスピードプラン最大実質33%オフ!契約期間6ヵ月延長キャンペーン!

https://lolipop.jp/info/campaign/7155/

5月6日までに契約すると、契約期間が+6か月される。

アフィリエイト

A8のセルフバック 12か月 12か月 5000円
A8のアフィリエイトでセルフバックをすると5000円もらえる。実質4900円。

申し込みはこちらへ

サマリー&結論

今回は1年契約で、1年目の支払い額と実質支払い額を比較してみます。

支払額 実質支払い額
ConoHa スタンダード 10,932 932
ロリポップ スタンダード 9,570 5,570
ロリポップ ハイスピード 9,900 4,900

これだけ見ると、ロリポップスタンダードにする意味はないので、ConoHaとロリポップの2択。

最初の1年だけでいうと、
ロリポップのハイスピードプランが実質で4900円の支払い、ConoHaだと実質932円の支払い。 ロリポップハイスピードは利用期は18か月。

仮に1年契約後に延長するときには、
ロリポップは9900円で、ConoHaはちょっとわからない。同額(月911円)で計算すると10932円。年間で1000円の差。 どちらもドメインは引き続き無料。

最終的にConoHaへ

ロリポップも悪くないんだけど、

  • A8アフィリエイトで10000円戻ってくることと(1年は実質1000円)
  • 株式優待でサーバーの利用券がもらえる

ということで、ConoHaにしてみることにしました。

ConoHa WING を契約する

まずはセルフバックの申し込み

セルフバックを受けるにはA8のアフィリエイト登録が必要なので、まだの人はやっておく。

A8サイトにログイン

A8のサイトにログインする。右上に「セルフバック」のリンクがあるはず。これを押す

A8セルフバックサイト

A8のセルフバック専用のサイトに遷移する。ここでは自己購入してもご褒美がもらえるサービスの一覧が検索できる。

Conohaの検索して詳細を表示する。VPSとWINGを2種類出てくるので注意。

セルフバックの申し込み

ConoHa WINGの下のほうにある「セルフバックを行う」ボタンを押す。これでConoHaの申し込み画面へ行くので、その先はConoHaの手続きへ。

これをやっておかないと、10000円戻ってきません。

ConoHaの契約

この先は特に難しいこともなく、スムーズに進みます。

プランの選択

どのプランに何か月入るのか選択します。ベーシックに12か月を選びました。12か月以上にしないとセルフバックが効かなくなるので注意です。

申し込み

契約者の情報を入れます。

支払い方法

クレジットカードで支払うか、ConoHaチャージというポイントで支払うか選択できます。

支払い方法(アマゾンPay)

今回は右のほう(ConoHaチャージ)でやりました。

チャージ自体はいろいろできますが、Amazonギフト券→ConoHaチャージで11000円分チャージをし、そこから全額支払いました。

支払い完了

支払いが完了したら、自分のサーバーに行けるようになります。

最後に

今日はひとまず、ConoHaでサーバーを借りるまでをやりました。 この先はサーバーの設定とプログラムの設置と動作確認です。連休中に終わるかな。

エコノミープランのロリポップ分もこっちに引っ越ししてこよう。

セルフバックの確認

A8のセルフバックのマイページを見たら、キャンペーン適用済みで10000円の履歴が付いていました。まだ未確定ですが、このまま承認されることを願っておきます。

その後のメモ

スタート応援キャンペーン 開始

2022年6月6日(月)18:00まで

12か月契約は、先月のキャンペーンより安くなっとるやないかい。 https://www.conoha.jp/wing/campaign/startsupport2022/

*1:ハイスピードプランを1年以上契約かつ自動更新の設定が必要。ドメインずっと無料