((7回目の出直し🌼))

好きなことを自分のペースで、のんびり更新

Screenpressoの動画キャプチャーのフレームレートを変更してなめらかな動画を撮影する

久しぶりにScreenpressoです。
動画のフレームレートを変更する方法を紹介します。

動画のフレームレートを変更する方法

まずは結論

Screenpressoの「設定」メニューの「高度な設定」にある「VideoFps」で設定します。 これを変更すると、動画キャプチャー時のフレームレートが変わります。

f:id:kanaxx43:20211106225923p:plain

初期値は30です。大きな数値に設定すれば、動画がなめらかになります。

やってみよう

動きの細かい画面をキャプチャーしないと違いが伝わりにくいので、今回はストップウォッチの動作を録画します。

Googleで最初に見つかったストップウォッチを使わせていただきました。 https://stopwatch.onl.jp/

FPSを1にする

まずはvideoFpsを1にして動画キャプチャーを実行します

ファイルのプロパティを確認します。
たしかにフレームレートが1になっていますね。1秒あたりのフレーム数=フレームレートです。
f:id:kanaxx43:20211113113355p:plain

下は、Screenpressoで作成した実際の動画です。
ストップウォッチなのにほぼ秒単位で動いているのが分かります。

1秒あたりに1枚で作ったぱらぱらマンガをイメージしていただくとわかりやすいですね。

ファイルサイズは49,152 バイトです。

FPSを60にする

次にvideoFpsを60にして動画キャプチャーを実行します。こっちはもっとなめらかになります。

同じくファイルのプロパティを確認します。
f:id:kanaxx43:20211113113400p:plain

同じストップウォッチの動画ファイルです。こっちはミリ秒まで含めて細かい動きが見てとれます。

ファイルサイズは290,816 バイトです。FPSが1のファイルより6倍近くになりました。

さいごに

ScreenpressoでFPSを上げる方法でした。 一般的にFPSの値が高い動画を作るとファイルサイズが増えます。適切な値を設定するようにしましょう。ちなみに参考資料によるとテレビのフレームレートは30FPSらしいです。

参考資料

フレームレート(fps)とは?動画別のおすすめ設定を解説
https://canon.jp/business/trend/what-is-framerate