((7回目の出直し🌼))

好きなことを自分のペースで、のんびり更新

マウスのサイドボタンにCtrl+home/Ctrl+endを設定したら、ブラウジングが快適になった気がする

ただいま愛用のlogicool M590のカスタマイズの話。

なんとなく経緯

いつの頃からか、マウスの横っちょにボタンが付くようになりました。いつくらいですかね、10年前くらいですか?

いままで買ってきたマウスのサイドボタンには、初期設定で「ブラウザの進む/戻る」に設定されていることが多かったように思います。思いますという表現どおり、あまり使っていないボタンでした。むしろ邪魔で、間違って押してしまってイラっとする存在でした。

一つのマウスで家のPCと会社のPCの両方に接続できれば、デスクの上に置いておくマウスが1つで済むなぁと、マルチペアリングできるマウスを探しところ、LogigoolのM590というマウスに出会いました。 さらに、Logicoolの製品はLogicool Optionsというソフトを使うと、マウスのボタンを細かくカスタマイズできることを知り、サイドボタンの新しい使い方にたどり着きました。

というのが経緯です。

マウスの紹介

今使っているLogicoolのM590マウス
f:id:kanaxx43:20210613150330j:plain

アマゾンで3000円以内で買えます。お手頃価格です。

PayPayフリマで20%オフのクーポンがあったので、2500円くらいで買えました。

ちなみに、奥に映っているのはLogicoolのMX KEYSというキーボードです。
こいつもマルチペアリングができるので、1台のマウスと1台のキーボードで家のPCと会社のPCが操作できるようになりました。同じキーボードを使うとタイプミスも減るし、場所もとらないし良いことだらけです。

Logicool Options

ロジクールのキーボードやマウスの設定を変更するソフトウェアです。これを使うと、Logicool製のキーボードとマウスの細かい動きを設定できるようになります。 PCにインストールして使うソフトです。インストール方法などはすでにネットに多く出回っているので探してください。

マウスのサイドボタンの設定

Logicool Optionsを立ち上げます。すでに認識されている機器が表示されるので、マウスをクリックします。
f:id:kanaxx43:20210613151333p:plain

マウス設定画面

f:id:kanaxx43:20210613151355p:plain

これが初期状態です。白の丸で囲まれている部分はカスタマイズが可能です。

  • ホイールを左に倒す
  • ホイールを右に倒す
  • ホイールをクリック
  • サイドボタン上をクリック✅
  • サイドボタン下をクリック✅

今回変更するのはサイドボタンの設定だけですが、他のボタンも使い勝手がよいように変更ができます。

サイドボタンの上を確認すると、初期設定では、M590もブラウザの進む/戻るに設定されています。 f:id:kanaxx43:20210613152250p:plain

カスタマイズ方法

今は「進む」が選択されているリストから、希望の動作を選ぶだけでその通りの動作に変更できます。見えている範囲でもこれだけの選択候補があります。
このリストをスクロールしていくと50個くらいの選択肢が隠れています。音量のUp/Downとかはわかりますけど、シャットダウンとか誰がいつ使うんだ。。

f:id:kanaxx43:20210613152453p:plain

今回は、上から4番目の「キーストロークを割当」を使ってマウスの動作を変更します。

キーストローク割り当てとは

マウスのサイドボタンを押したときに、Logicool Optionsで設定したキーをキーボードで押したように振る舞うという設定です。キーの設定はSHIFTやCTRLキーの組み合わせ設定もできます。

設定するキーパターンは悩みますが、今回は次のように割り当てます。

  • サイドボタン前にCtrl+Homeキー
  • サイドボタン下いCtrl+Endキー

ホイールで下方向にスクロールしていって、一番上に戻りたいときにサイドボタンを押すと一番上に戻れるようになります。逆に一番下までいきたいときもサイドボタンを押すとジャンプします。ワープする感覚ですね。ホイールを延々とくるくる回さなくて済みます。

キーストロークを設定する

キーストロークを設定するには、左の緑のポッチを「キーストローク割り当て」を選択します。

右側に「入力キーストローク」という枠が出るので、ここのカーソルを当てて、キーボードのキーを押すだけです。 f:id:kanaxx43:20210613154213p:plain

Ctrl+Homeを押すとこの状態になります。 f:id:kanaxx43:20210613154216p:plain

保存ボタンはなく、設定したらその場で有効になります。

サイドボタン(下)も同じような操作をしてCtrl+Endキーに設定します。

動作確認

ホイールでスクロールしていき、ボタンを押すだけですね。動作確認するまでもなかったです。 作業効率が爆上がりしそうな気がします。

アプリケーションごとの設定

Logicool Optionsでマウスの動作を変更するとき、アプリケーションごとに設定が可能です。
ブラウザのときは上下のスクロールに割り当て、Exceなどのスプレッドシート系のアプリケーションの場合、Ctrl+PageUP、Ctrl+PageDownでシートの切り替えに割り当てることもできます。

f:id:kanaxx43:20210613160357p:plain

この辺は自分の使い勝手に合うように設定していくのがよいと思います。

さいごに

マウスの中で一番の邪魔者であったサイドボタン、ずっと触らないように生きてきましたが、最近のマウスとソフトウェアの進化で使い道が見つかりました。
5,6年はバッファーローの静音Bluetoothマウスばかり使っていたのですが*1、これからはLogicoolにお世話になります。

*1:たぶん、他のメーカーのマウスもサイドキーの設定くらい変更できると思いますが、調べてないです。